MS-06R-1A ZAKU2 ガイア機 MG1/100 制作過程

1 min 61 views
getter_hero

getter_hero

FOLLOW

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-30-20-36-33

基本塗装〜ウェザリング塗装〜デカール貼り

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-30-20-36-43

高機動型はインレタ・タイプのガンダムデカールが多いですが、今回は上手く転写できました!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-30-20-59-13 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-20-06-08

バーニア外側には「焼き焦げ」塗装を施しています。%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-20-15-06※写真ではスラスターユニットのデカールがズレていますが、完成時に貼り直しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-20-52-30

モノ・アイはメタルパーツとHIQパーツを組み合わせました。レンズはクリアレッドで塗装しています。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-21-08-51

モノ・アイに鋭くハイライトが入ったので、塗装して正解でした!

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-21-39-00

内部フレームはエアブラシと筆塗りを駆使して、細部まで塗り分けています。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-21-39-28 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-21-58-52

盾のデカール貼り上手くいった!!「ほっ…」

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-22-33-47

この度はウェザリングの加減に気を使いました。汚し過ぎずキレイ過ぎず。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-22-54-45 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-23-26-07 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-23-26-20

高機動型はやっぱり、スラスターとバーニアが命なので、細かく細部までディティールの塗り分けに神経を使いました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-23-26-27 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-01-23-29-36

バーニア全部にメタルパイプを付けてディティールアップしました。

写真ではハッキリ見えませんが、バーニア内部は赤で塗装。外側は「焼き焦げ」を再現しています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-20-16-44 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-20-17-06

やっぱり、高機動型はパーツが多いですね。でも、組み上がったらかっこいいのでナットク。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。