F91ガンダムver2.0MG1/100製作過程

1 min 88 views
getter_hero

getter_hero

FOLLOW

パイロットフィギュアは、設定にあわせて塗装搭乗済みコクピットは「スモーク(クリアカラー)」にて塗装。

装甲の裏面の多機能構造体ーMCA(Multiple Construction Armor)に着目し、電子機器の回路的な表現を取り入れ、細部に渡り塗り分けし「未来の装甲の質感」を表現しました。

※写真左下のゴールドの部分はみ出していますが、実際は修正済みです。

装甲は全てライトウェザリング処理後設定通りに全デカールを添付しています。デカール添付後クリアトップコート吹き付け済み。

一部むき出しになっている内部フレームは、MCAを再現すべく細部にわたり塗り分け。

 

高出力バックパック・ジェネレーターは、消炎表現を用いてリアルに再現。

内部の展開ギミックも細部にわたり塗り分け。

ショルダーの放熱用フィンも細部にわたり塗り分け。

ビームシールドについても、ビーム発射口を鋳造表現を用いてリアルに表現。

ビーム・シールド、ビーム・サーベルともに発光塗装。

 

こちらも放熱用フィンに消炎表現。

上半身完成!!

内部フレームは組み立て後見えなくなりますが、細部にわたり塗り分け。

足首ユニット完成

こちらも、MCAを細部にわたり表現。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。