ブラックゲッターその1

2 min 85 views
getter_hero

getter_hero

FOLLOW

たしか、10月22日(土)だったかな、体育の日の連休で釣りを満喫したので、
娘のサービスデーにしようと思っていたが、家にずっといるのに耐えられず、平岸のB’S Hobby(ビーズホビー)Ω(オーム)模型店へ。
というのは、最近ホビージャパンで佐藤卓という造形師の方のブラックゲッターというものを見て、一目惚れしてしまいました。
それで、ネットでプラモを探すも、全くヒットせず…
かみさんと娘を巻き込み、いざプラモショップへ…
Ω模型店で「ネオゲッター」発見!!珍しい。
でも「ネオゲッター」ってちょっとワイルドさに欠けるので、ときめかず…。
店員のおばちゃんに聞くも「店に置いてるだけだね…」…残念。
でも、どうしても形にしたいので、10年くらい前にバンダイから発売のMC番「ゲッター1」を購入。
まあ、ブラックゲッターはもともと、流龍馬(ゲッター1パイロット)が月に廃棄されていたゲッター1を改造して作ったものだから、やってできないことないか。
と軽い気持ちで始めたが、思っていたより結構難しくて、ほぼフルキャスト(一から作ること)状態。
現在の状況…(仮組。未塗装)
bg_20111209_1
ゲッタートマホークは、既製品はなんだかおもちゃっぽくて迫力が無いので、スタジオハーフアイさんの「黒血王」を参考にさせていただきました。
プラ板6枚くらい貼り合わせてから掘り込んでます。
ちょっとでかすぎたかな…。
アームカッターもプラ板貼り合わせの削りだし。
写真では、わかりにくいかもしれませんが、マントも一から作っています。
ちなみに、元はどんなかというと…
こんな感じです。
bg_20111209_EFBC92
万人受けを狙うとこんなふうに、かっこわるくなっちゃうんだよな。
ちなみに、Ω模型店で購入後、近くのプラモ屋さんの店長さんへ話したら「この前問屋にクリスタルバージョンだけど在庫ありましたよ。取り寄せます?」
「…えっ!?ほんとですか?是非是非お願いします!」
ゲッター1買って、パテやら塗料やら買った後だから、痛い出費だけど、ここは冒険するつもりで購入!
ちなみに、発売元の青島にメールしたら「在庫はありません。今後発売する予定もありません。」
……無慈悲。商売っ気無いのね青島さん。
既製品で満足する前にオリジナルで、限界まで形にしていきます。
なにはともあれ、なんとか諦めずに制作継続中です。
乞う御期待!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。