お客様より「川口名人版 陸戦型ザク2 ver.2.0」の依頼を受けました。

バンダイプロショップ限定品で、再販していないキットなので失敗は許されません。

今回は凄く緊張しましたね。

また、「現地改修使用」という設定を考えて、装甲が細かく取り替えができる様を表現しました。

かなりの「スジボリ祭り」になりました。

途中からザクスナイパーのような「警告色」を加えたり、狙撃時の膝当てを考えてみたりしました。

その他改修ヶ所としては、肩のスパイクアーマーを、シリンダープラグに変更と弾痕表現を加えました。

バックパック(ランドセル)はお客様からの提案で、バージョン1のタイプに差し替えています。

さらに、シュツルムファウストを装備させました。(これは難しかった)

武装は右手に旧ザクのキットについているマゼラトップ砲を装備、左手にバージョン1ザク2より

「クラッカー」を投げている様を表現しました。

アクションベースを「樹脂粘土」などを使って砂漠仕様に改修しました。

さらに、細かいところでは、TV版ゼータガンダムでリックディアス(クワトロ版)がマニピュレーターに装備していた、対人兵器の「とりもち弾(?!)」を装備しました。

これはMSイグルー2や08小隊で使っていた、鉛の弾が無数に飛散する対人兵器「Sマイン」より殺傷能力が無いので平和的で良いとお客様から好評だったので採用しました。

あげればきりが無いですが、その他細かい改修を全身に施しています。

今回の作風は、私にとって一つのエポック(新しく画期的な)です。

今後の作風に好影響を与える良い機会を与えられました。