プレバンのアメイジングズゴック本体は、HGズゴックのパーツをそのまま流用なので、新旧のミスマッチがいなめなかったので、RGとのミキシングを図りました。

両腕の重量がかなり重いので、保持力が悪いので、関節ごとに接着して保持力を高めました。

また、自立不可能なので、オリジナル・アクション・ベースを作成しました。